カスタムフィールド並び替えが数字の場合の注意点【WordPress】

カスタムフィールド順に並び替える場合、query_postsを使うと、こんな感じになります。

query_posts(
array(
"orderby" => "meta_value",
"meta_key" => "(カスタムフィールドのキー)",
"order" => "ASC"
)
);

しかし各投稿のカスタムフィールドの中身が、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12・・・

となっている場合、順番が

1,11,12,2,3,4,5,6,7,8,9・・・

となってしまいます。

このような場合、orderbyはmeta_valueではなく、meta_value_numとしなくてはなりません。

query_posts(
array(
"orderby" => "meta_value_num",
"meta_key" => "(カスタムフィールドのキー)",
"order" => "ASC"
)
);

これで、並び替えの内容が数字と判断され、数字の順番通りに並びます。

参考サイト

query_posts:WordPress私的マニュアル

テンプレートタグ/query posts - WordPress Codex 日本語版

 

 

nandani | 2014年12月15日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

管理画面の投稿やカテゴリー(カスタムタクソノミー)画面でも並び替えを反映させる【WordPress】

カテゴリーおよびカスタムタクソノミーの並び替えを簡単に行えるプラグイン「PS Taxonomy Expander

フロントエンドでは、get_termsやwp_list_categoriesの"orderby"を"order"にすることによって、並び替えた順に並んでくれます。

しかし管理画面の「新規投稿を追加」や「投稿を編集」のカテゴリー選択リスト、および「カテゴリー」画面のカテゴリーリストでは並び順が反映されていません。

Category Order and Taxonomy Terms Order」というプラグインもあって、これを使用すると管理画面内の並び順も反映されるんですけどね。

こっちを使ってもいいし、「PS Taxonomy Expander」のまま、functions.phpに下記を追加しても構いません。


function my_get_terms_orderby($orderby){
  if(is_admin()){
    return "t.term_order";
  }else{
    return $orderby;
  }
}
add_filter('get_terms_orderby', 'my_get_terms_orderby', 10);

これで管理画面内のカテゴリーの並び順は強制的に、Term Orderで設定した並び順に並びます。

※必ず一度は並び替えの保存を行ってください。未保存のままだとカテゴリーリストが表示されなくなります。

しかしフック機能の便利さには舌を巻きますね。何でもできる気分になりますw

nandani | 2014年12月02日 | コメント(0) | トラックバック(1) | CMS関連 | PHP関連

ページのスラッグからデータを引き出す方法【WordPress】

get_page_by_path("スラッグ名");

で、そのスラッグ名のページ(固定ページ)を取得できます。

第3引数をpostとすれば、「投稿」から取得できます。

get_page_by_path("スラッグ名", "OBJECT", "post");

なお、固定ページで、親ページが設定されている場合、親ページのスラッグも含める必要があります。

get_page_by_path("親ページのスラッグ名/スラッグ名");

だから、やっぱり正確にはスラッグ名ではないんですね。

 

参考サイト

get_page_by_path:WordPress私的マニュアル

nandani | 2014年11月24日 | コメント(1) | トラックバック(0) | CMS関連 | PHP関連

WordPressでTinyMCEの入力フィールドを作る場合

任意の場所に、Wordpressの内容入力フィールドと同じようにリッチテキストエディタ(TinyMCE)を設置する方法は、

wp_editor( "(内容)", '(ID)');

で、設置できます。

第3引数に細かい設定ができますが、(ID)をnameと同じにしていればこれだけでもOKです。

プラグインなしでカスタムフィールド作ってた際(functions.phpに直書き)どうやったらリッチテキストエディタになるのか、かなり苦戦したのでメモ。

参考サイト

wp_editor:WordPress私的マニュアル

 

nandani | 2014年11月12日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連 | PHP関連

Postgresqlはテーブル名に注意

Postgresqlでテーブルを作った後、PHPにてSQL

SELECT * FROM (テーブル名)

と実行したのですが、存在するテーブルなのに、

ERROR:  relation "(テーブル名)" does not exist

というエラーが出てしまいました。

調べてみると、どうやらテーブル名はダブルクォートでくくらなければならないらしい。

SELECT * FROM "(テーブル名)"

ただし、これはテーブル名に大文字が含まれている場合のみで、小文字のみであればダブルクォートは不要とのこと。

たしかに、テーブル名は大文字で作成してました。

なんならSQLを実行した後、エラーで表示されるテーブル名が小文字になっているから、おかしいなとは思っていたのですが。

Postgresqlの場合は、実行時にテーブル名が小文字になってしまうのかな?

だから、大文字を含む際はダブルクォートが必要なのか。

 

参考サイト

PostgreSQLのテーブル名はダブルクォート有無で別名になった. - それマグで!

nandani | 2014年10月08日 | コメント(0) | トラックバック(0) | DB関連 | PHP関連

SuPHP使ってるときはphp.confいらないよ

手間取ったのでメモ。

PHPのバージョンをアップしたところ、PHPがモジュールモードになってしまい、実行権限がapacheになってしまいました。(もともとSuPHPを使っていたので、実行権限はユーザごとになっていた。SuPHPを使うためには、PHPをCGIモードにする必要がある。)

CGIモードにするには、ということでいろいろ調べてphp.confをいじりまくったのですが、全然CGIモードにならない!

効いていないわけではないっぽいけど、やっぱりモジュールモードのままで散々手こずったのですが、FTPで/etc/httpd/conf.d/フォルダを除いてみたところ、一発で解決しました。

そこにあったのは「mod_suphp.conf」

こいつだけでよかったのです。

「php.conf」なんていらなかったのです。

多分バージョンアップしたときに、勝手にできたのでしょう。

「php.conf」をリネームし、無効化してから、Apache再起動したところ、無事CGIモードに切り替えることができました。

あ~あ・・・・

ちなみに、PHPがモジュールモードかCGIモードかを見極める方法は、phpinfoの「Server API」を確認すればOKです。

ここが、「CGI/FastCGI」ならCGIモード、「Apache 2.0 Handler」ならモジュールモードです。

 

htmlspecialcharsに注意【PHP】

今更な話題ですが、詰まったのでメモ。

PHPが5.3から5.5に変わった途端、フォームにて日本語がPOSTされるとまるごと消えてしまう現象が発生しました。(ちなみにそのサイトはEUC-JPで作成されていました)

この現象はWordpressなどでもあったので、

default_charset
mbstring.internal_encoding

あたりの仕業だろうと思っていたのですが、これらはコメントアウトされている。(つまり特定の文字コードに設定されていない)

phpinfoを見てもおかしなところは全然見当たらない。

ということでいろいろ調べてみると、なんとhtmlspecialcharsが原因であることが判明しました。

このhtmlspecialcharsはもともとは、「ISO-8859-1」がデフォルト文字コードで変換がされていたのですが、PHP5.4から「UTF-8」がデフォルトになったとのこと。

しかも、php.iniで設定されている文字コードに準拠してくれればよいのですが、これはちゃんと設定してあげないと、強制的に「UTF-8」が使用されてしまうらしい。(第3引数をクォートなどで任意に空にしてあげれば準拠してくれるらしい。でも、第3引数をなにも設定してないとUTF-8となる。なんでやねん)

ということで、簡単な方法はないかを探していたけど、やっぱり引数をつけてあげるしかないみたい・・・

htmlspecialchars($hoge, ENT_COMPAT | ENT_HTML401, "ISO-8859-1");

参考サイト

htmlspecialchars()を使うと文字が消える? | PHP Archive

[PR]WAFの導入はHASHコンサルティング Sturts1 / Struts2 の脆弱性にも対応

nandani | 2014年09月23日 | コメント(0) | トラックバック(0) | PHP関連

初期テーマの設定【WordPress】

WordPressの初期テーマは、「twentyxxxx」のような、最初から入っているテーマに設定されています。

これはこのテーマを削除しても、インストール直後はそのテーマが選択されている状態となります。

1サイト・1Wordpressなら、特に初期テーマは気にしなくてもよいのですが、マルチサイト化する場合は、初期テーマを任意のものにしたい、かもしれません。どのサイトもテーマを統一したいのに追加するたびに、テーマを選択しなくてはなりませんからね。

ということで、Wordpress本体の中から、設定されている場所を探します。

wp-includes/default-constants.php

の中に、

define( 'WP_DEFAULT_THEME', 'twentyfourteen' );

という記述があります。

これがテーマの初期設定です。

これを変えれば、初期テーマを変えることができるのですが、Wordpressをアップデートするたびに修正するのは面倒なので、wp-config.phpにこれを追記します。

define( 'WP_DEFAULT_THEME', 'xxxxxxxx' );

xxxxxxxxには、初期テーマにしたいテーマのフォルダ名を記述してください。

これで、こちらの設定が優先されます。

nandani | 2014年09月12日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

固定ページの子ページを表示するショートコード【WordPress】

開いた固定ページの子ページが、自動的にリスト表示されるようにしたい場合、wp_list_pagesをショートコードにしてしまうと便利です。

functions.phpに下記を追記します。

function pageChild() {
	global $post;
	
	$args = array('depth'        => 0,
		'show_date'    => NULL,
		'date_format'  => get_option('date_format'),
		'child_of'     => $post->ID,
		'exclude'      => NULL,
		'include'      => NULL,
		'title_li'     => '',
		'echo'         => 0,
		'authors'      => NULL,
		'sort_column'  => 'menu_order, post_title',
		'link_before'  => '',
		'link_after'   => '',
		'exclude_tree' => '' ); 
	
	$return = '<ul class="page_child">';
	$return .= wp_list_pages($args);
	$return .= '</ul>';
	
	return $return;
}
add_shortcode('page_child', 'pageChild');

子ページ持ちの固定ページに

[page_child]

と記述すると、その子ページがリスト表示されるようになります。

関数自体はなんてことないものですが、ショートコードって便利ですね。

nandani | 2014年06月11日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連 | PHP関連

Facebookページのタイムラインを取得する方法

Facebookページのタイムラインを取得する方法のメモ。

タイムラインは以前紹介したアルバムや写真を取得する方法よりも、ひと手間かかります。(アクセストークンを取得する必要があるため)

プログラムは下記の通り。


<?php
/*
facebookページのタイムラインを取得する
*/

$facebook_page_id = '...';    //FacebookページのID
$access_token = '...';        //アクセストークン
$url = "https://graph.facebook.com/".$facebook_page_id."/feed?access_token=".$access_token;
$res = file_get_contents($url);
$data_array = json_decode($res, TRUE);

if(!empty($data_array["data"])){
print_r($data_array["data"]);
}
?>

 

○「$facebook_page_id」には、FacebookページのIDを代入してください。

IDはFacebookページを開いたときのURL「https://www.facebook.com/〇〇〇〇」の○○○○部分か、もしくは「https://www.facebook.com/pages/□□□□/○○○○?ref=hl」の○○○○部分。

※前者の例
https://www.facebook.com/FacebookJapan
の場合は「FacebookJapan」

※後者の例
https://www.facebook.com/pages/ダリの雑記/12345678901234567?ref=hl
の場合は「12345678901234567」(こんなURLはありませんがw)

 

○「$access_token」には、アクセストークンを代入します。

アクセストークンの取得方法は、以下の通り。

  1. https://developers.facebook.com/apps にアクセスし、「新しいアプリを作成」からアプリを作成します。(アプリ作成と言っても、ほぼアプリ名を重複しないように決めるだけ)
  2. アプリを作成すると、基本設定画面にて「App ID」と「App Secret」が取得できます。
    WS000282
  3. 「App ID」と「App Secret」を下記のURLに代入し、アクセスします。
    https://graph.facebook.com/oauth/access_token?client_id=(App ID)&client_secret=(App Secret)&grant_type=client_credentials
  4. アクセスすると、
    WS000283
    という風に表示されます。これがアクセストークンです。
    この値を「$access_token」に代入してください。

以上の2つを代入後、PHPを実行してください。

う~む。そのうちアルバムや写真もアクセストークンが必要になるのかな?

 

参考サイト

ソーシャルメディアAPIリファレンス - ウォールを取得する

Access Tokenを取得する

Graph API : Facebook開発者向けドキュメントの日本語訳とTips

nandani | 2013年10月22日 | コメント(0) | トラックバック(0) | API関連 | PHP関連

Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記