タグ:リバースプロキシ

リバースプロキシ超便利!(専用サーバに限る)

日進月歩のWEB業界。

次々に新しい技術が出てきて、めまぐるしい限りです。

どこまでついていけることやら。

しかしふと後ろを見てみると、結構取りこぼしている知識ありませんか?

ということで、最近知ったリバースプロキシについて。

 

このような事例があったとします。

とある会社で、サーバを移転し、ウェブサイトを一新することになりました。

しかし、その会社は多くの店舗をもっており、しかも店舗ごとにウェブサイトを持っています。

しかし、ドメインは1つで

  • http://www.○○○○.co.jp

が本体のサイト。

各店舗のサイトが、

  • http://www.○○○○.co.jp/□□□□
  • http://www.○○○○.co.jp/△△△△
  • http://www.○○○○.co.jp/××××

フォルダ構造になっているのでした。

さて、本体サイトの準備は出来たのですぐにでも公開したい!

しかし、他の店舗のサイトはまだ出来ておらず、しかも移行が難しいコンテンツもある。

「はやくしてくれ。」

「いやいや待ってください。そもそも移行自体が難しいコンテンツもあるんです。」

という問答の末、

「早く公開したいから、とりあえず、会社本体サイトだけでも新サーバで公開してくれんか?」

と来てしまいました。

さて、こんなときどうするか。

こんなときこそリバースプロキシですよ!(ただし移行先が専用サーバに限る。)

 

STEP.1

まず、元々のサーバ用に、サブドメインを取得し、割り当てておきます。

http://hoge.○○○○.co.jp/

 

STEP.2

新サーバのhttpd.confを開き、

<VirtualHost *:80>
ServerName www.○○○○.co.jp

</VirtualHost>

の中に、

ProxyPass 公開パス 転送先URL
ProxyPassReverse 公開パス 転送先URL

を追記します。

公開パスは、各店舗のフォルダです。

転送先URLは、サブドメインを割り当てた各店舗のURLです。

つまりこうなります。

ProxyPass /□□□□ http://hoge.○○○○.co.jp/□□□□
ProxyPassReverse /□□□□ http://hoge.○○○○.co.jp/□□□□

ProxyPass /△△△△ http://hoge.○○○○.co.jp/△△△△
ProxyPassReverse /△△△△ http://hoge.○○○○.co.jp/△△△△

ProxyPass /×××× http://hoge.○○○○.co.jp/××××
ProxyPassReverse /×××× http://hoge.○○○○.co.jp/××××

 

STEP.3

追記後はApacheを再起動して、DNSを切り替えます。(あらかじめhostsファイルを編集して、DNS切り替え後の状態を確認しておくと良いでしょう。)

 

これで、本体サイトは新サーバで稼動し、各店舗のサイトは旧サーバへ転送されます。

これがただの転送ならば、URLがサブドメインになってしまいますが、リバースプロキシならば、ドメインが「www.○○○○.co.jp」のまま、旧サーバのページを開きます。

 

う~ん、便利だ。

 

参考サイト

総合管理者 | 2015年10月17日 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーバー関連

Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記