タグ:WordPress

タイトル・内容のフック場所【WordPress】

タイトル・内容のフック場所は、フロントエンド、管理画面で異なるので注意が必要です。

フロントエンドの場合


//タイトルにフックをかける(the_titleをフック)
add_filter('the_title', hoge_the_title, 1);

//内容にフックをかける(the_contentをフック)
add_filter('the_content', hoge_the_content, 1);

バックエンドの場合


//投稿一覧のタイトル表示にフックをかける(the_postをフックし、内部で処理)
add_filter('the_post', hoge_the_post, 100);
function hoge_the_post($post){
//$post->post_titleを編集する 例:$post->post_title = htmlspecialchars($post->post_title);
return $post;
}

//編集画面のタイトル入力フィールドにフックをかける(title_edit_pre'をフック)
add_filter('title_edit_pre', hoge_the_title, 1);

//編集画面の内容フィールドにフックをかける(the_editor_contentをフック)
add_filter('the_editor_content', hoge_the_content, 1);

 

単純に、the_titleやthe_contentにフックするだけでは、管理画面の方で反映してくれないので注意。

特に投稿一覧では、表示だけならthe_titleのフックで行けますが、クイック編集の方にも反映させる場合は、the_postにフックし、$post->post_titleに処理を加える必要があります。

総合管理者 | 2018年01月08日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

固定ページにも抜粋をつける

固定ページでも、子ページを一覧で表示するなどの使い方をする場合があります。

その際に任意に設定できる抜粋がないと非常に困る(WPデフォルトでは無い)

固定ページでも抜粋を付ける場合は、使用しているテーマのfunction.phpにこれを追記します

add_post_type_support( 'page', 'excerpt' );

これで固定ページの編集画面にも抜粋が表示されるようになります

 

総合管理者 | 2017年12月14日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

wp_insert_attachmentだけではサムネイルが作られない

フォームから送られてきたファイルをメディアに登録されるようにするプログラムを作っていたのですが、実際にメディアには登録されるけど一覧でサムネイルが表示されない・・・

で、Codexをよく見たら、wp_insert_attachmentのあとに下記2つの関数も実行しなくてはならないとのこと

wp_generate_attachment_metadata
wp_update_attachment_metadata

さらにこの関数を実行するには、

require_once( ABSPATH . 'wp-admin/includes/image.php' );

の必要があります。

つまりこんな感じ。


require_once( ABSPATH . 'wp-admin/includes/image.php' );

$attachment = array(
'guid' => "(ファイルのURL)",
'post_mime_type' => "(ファイルのタイプ)",
'post_title' => "(ファイルのタイトル)",
'post_content' => '',
'post_status' => 'inherit'
);

$attach_id = wp_insert_attachment( $attachment, "(ファイル名)", 0);
$attach_data = wp_generate_attachment_metadata( $attach_id, "(ファイルのパス)");
wp_update_attachment_metadata( $attach_id, $attach_data );

これで、メディアに登録される際にサムネイルも生成されるようになりました。

総合管理者 | 2017年12月13日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

予約公開ができない場合【WordPress】

WordPressで予約公開ができない場合、原因は色々とあります。

このことは色んなサイトで紹介されています。

でも、たまに公開に失敗するなど原因がよくわからない不具合も起こります。

WordPressの予約投稿は、
一定のアクセスがないと実行されないという仕様になっています。

アクセスがないブログは予約投稿ができないといっても過言ではありません。

WordPressの予約投稿に失敗する原因と見るべき重要ポイントのまとめ! | 自作PCテクニカルセンター

という話まであり、正直Wordpressの予約公開はあまり信用できません。

 

ということで、解決方法として、こんな感じのプログラムをheader.phpの先頭に入れてみました。

if(is_home() || is_front_page()){
	//予約の投稿のみ取得(MAX20件)
	$get_posts = get_posts(array(
		"posts_per_page" => 20,
		"post_type" => "any",
		"post_status" => "future"
	));

	if($get_posts){
		foreach($get_posts as $get_post){
			//現在が予約日時を過ぎている場合
			if($get_post->post_date < current_time("Y-m-d H:i:s")){ 
				//公開処理 
				$save_post = array(
					"ID" => $get_post->ID,
					"post_status" => "publish"
				);
				wp_update_post($save_post);
			}
		}
	}
}

※トップページアクセスの場合のみ反応するようにしています。

post_statusがfutureになっている記事だけ取得し、予約日時が過ぎているものだけ、publishに更新するという簡単なプログラム

ちゃんと動いているし、負荷もそれほどかからないし問題なさそう。(※動作に責任は持ちません)

 

 

総合管理者 | 2017年06月05日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

WordPressのマルチサイトで参加サイトが表示されない

マルチサイト化されているWordpressのサーバーを移転したところ、参加サイトが表示されなくなってしまいました。

↓この部分

もちろんログインしたアカウントはすべてのサイトに所属しています。

プラグインのせいかと思って全部切ってみたのですが、治らず。

移転時にバージョンアップしたからかとも思いましたが、他のサイトで使っている同じバージョンのWordpressでは、こんな問題は起きたことがありません。

移転中だったのでベーシック認証をかけていたのですが、まさかこれじゃないだろうと思いながらも試しに解除してみたら、表示されるようになりました!

原因はベーシック認証!

こんなことあるのか・・・

ちなみに、一度表示されるようになったら、以降は再びベーシック認証をかけてもちゃんと表示されます。

総合管理者 | 2017年03月08日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

WordPressのバージョン4.7と4.7.1はヤバイ

ちょっと古い情報ですが、Wordpressのバージョン4.7と4.7.1はかなりヤバイ脆弱性があるそうです。

WordPress の脆弱性対策について:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

WordPress 4.7, 4.7.1 はAPIに致命的なバグがあって認証無しで誰でも記事を改ざんできちゃうっぽい! - かもメモ

上記のサイトに方法が記載されておりますが、簡単に改ざんできてしまうとのこと。

簡単過ぎる!怖い!

4.7から4.7.1へのアップデートは、PHPMailerの件ですぐにアップデートされることは予想しておりましたが、またすぐに4.7.2へのアップデートでしたので、何事?と思っておりましたが、これはかなりやばい脆弱性ですね。

すぐにアップデートするのは考えものですね・・・

ちなみに、Search Consoleでもこのような警告が出てしまう始末

貴サイトが WordPress の古いバージョンである WordPress 4.7.0 or 4.7.1 を実行していることが判明しました。古いバージョンやパッチを適用していないソフトウェアは、ハッキングやマルウェアの攻撃を受けやすくなり、貴サイトの訪問者に被害が及ぶことがあります。そのため、サイト上のソフトウェアをできるだけ早く更新することをおすすめします。

おすすめどころではない、必須事項でしょ。

自分のブログも一瞬だけ4.7.1にしておりましたが、すぐさま4.7.2にアップデートしました。

総合管理者 | 2017年02月14日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

投稿一覧の各投稿のメニューをカスタマイズする方法

フック!フック!フック!

フックは便利ですね!

ということで、テーマで投稿一覧の各投稿のメニューをカスタマイズする方法のメモです。

下図のように、メニューに「サンプル」を追加する場合

WS002447

テーマのfunctions.phpに以下を追記します。


function custom_post_row_actions($actions, $post) {
//$actions['(キー)'] = '<a href="(リンク先)" title="">(ラベル)</a>';
$actions['sample'] = '<a href="/sample.php" title="">サンプル</a>';
return $actions;
}

add_filter('post_row_actions', 'custom_post_row_actions',10,2);

 

いらないものを消す場合は、unsetします。(以下クイック編集を削除する)


function custom_post_row_actions($actions, $post) {
unset($actions['inline hide-if-no-js']);    //クイック編集
return $actions;
}

add_filter('post_row_actions', 'custom_post_row_actions',10,2);

以下デフォルトのメニューです。

$actions['edit'] 編集
$actions['inline hide-if-no-js'] クイック編集
$actions['trash'] ゴミ箱
$actions['view'] 表示

 

参考サイト

投稿一覧に独自リンクを追加する:WordPress私的マニュアル

総合管理者 | 2016年03月25日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

WordPressの見落としがちな設定(ゴミ箱)

お客様から、記事が勝手に消えてしまったという連絡を受けました。

話をよく聞いてみると、とりあえず非公開にしたいからゴミ箱に移動させていたとのこと。

いや、そういう時はステータスを「下書き」にするか、公開状態を「非公開」にしてほしいのですが・・・

うっかり「完全に削除する」をクリックしてしまったのではないかと思ったのですが、よくよく調べてみると、Wordpressではゴミ箱に移動した記事は、30日経つと自動的に消えてしまうそうな。

これは知らなかった。

ちなみに、wp-config.phpに

define('EMPTY_TRASH_DAYS', 日数);

と追記することで、保存期間は設定できるらしい。

WordPressでゴミ箱から復元する方法と保存期間を変更する方法 | WordPress奮闘記

とりあえずゴミ箱には、消えても良い記事だけを入れましょう。

総合管理者 | 2015年10月17日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

bloginfoが非推奨?【WordPress】

今更ながら、bloginfoで一部パラメータの使用が非推奨になっているのに教えてもらって気付きました。

ただ、全部がアウトというわけではなく、Codexを見る限り非推奨になっているパラメータは

  • 'siteurl'
  • 'home'

の2つ。

代わりは

  • echo site_url()
  • echo home_url()

です。(どちらも返り値があるタイプなので出力する場合は要echo)

ちなみに、非推奨になったのは2.2のときみたい(結構前だな)

非推奨とはいえ、一応現在(version4.2.4)でも使用できています。

こういう場合の対策として、基本的に関数はさらにラッピングしといて、functions.phpだけ修正すればOKみたいにしておくべきだろうか・・・

それも面倒だなぁ。

 

参照サイト

総合管理者 | 2015年08月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

投稿件数が0件の時、archive.phpでpost_typeを取得する方法

投稿件数が0件のカスタム投稿ページを開いた場合、archive.phpでは、get_post_type()の返り値がfalseとなり、post_typeが取得できません。

その場合は、

get_query_var('post_type')

で取得できるようになります。

こういうケースは結構あるので、get_post_type()ではなくこっちで取得するようにしたほうが良いですね。

 

参考サイト

総合管理者 | 2015年07月02日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

Copyright(c) 2010 - 2018 ダリの雑記