| ブログトップ | CMS関連 |

WordPressの見落としがちな設定(ゴミ箱)

お客様から、記事が勝手に消えてしまったという連絡を受けました。

話をよく聞いてみると、とりあえず非公開にしたいからゴミ箱に移動させていたとのこと。

いや、そういう時はステータスを「下書き」にするか、公開状態を「非公開」にしてほしいのですが・・・

うっかり「完全に削除する」をクリックしてしまったのではないかと思ったのですが、よくよく調べてみると、Wordpressではゴミ箱に移動した記事は、30日経つと自動的に消えてしまうそうな。

これは知らなかった。

ちなみに、wp-config.phpに

define('EMPTY_TRASH_DAYS', 日数);

と追記することで、保存期間は設定できるらしい。

WordPressでゴミ箱から復元する方法と保存期間を変更する方法 | WordPress奮闘記

とりあえずゴミ箱には、消えても良い記事だけを入れましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

総合管理者 | 2015年10月17日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記