| ブログトップ | CMS関連 |

wordpressでよく使用するウィジェットを関数で代用する方法

wordpressのウィジェットは簡単に要素を追加・削除できるので便利なんですが、スタイルシートによってはウィジェットでは対応できない場合があります(要素間にタグを入れたいなど)
そこでよく使用するウィジェットをwordpressのテンプレートタグで代用して使用する方法を記述します。

1.最近の投稿

例1)wp_get_archives関数による方法。
wp_get_archives('type=postbypost&limit=10&format=html'); 参考サイト

typeは「最近の投稿」の場合は、「postbypost」にしてください。
limitの数字で件数を指定できます。
formatの設定によってリスト表示やプルダウン表示になります。

例2)get_posts関数にてデータベースから引っ張ってくる方法。
少し長くなりますが、細かくHTMLタグを設定できます。

<?php $myposts = get_posts('numberposts=10&orderby=post_date');
foreach($myposts as $post) : ?>

<p><?php echo date("Y年m月d日", strtotime($post->post_date)); ?> : 
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></p>

<?php endforeach; ?>

・get_posts():データベースからデータを取得する関数。
 numberpostsで件数を取得、orderbyで並び順を指定できます。
・$post->post_date:投稿日時を取得
・the_permalink():記事へのリンクを取得
・the_title():記事タイトルを取得

get_postsに関数する参考サイト

 

2.カレンダー

get_calendar(); 参考サイト

 

3.カテゴリー

wp_list_categories(); 参考サイト

※デフォルトでは、「カテゴリー」という余計なタイトルが表示されるので注意しましょう。解決方法

こういう方法もあります→wordpressでカテゴリー一覧を表示する方法2

 

4.月別アーカイブ

limitで表示件数を指定できます。
wp_get_archives('type=monthly&limit=12&format=html'); 参考サイト

typeは「月別アーカイブ」の場合は、「monthly」にしてください。
limitの数字で件数を指定できます。
formatの設定によってリスト表示やプルダウン表示になります。

※wp_get_archivesは「type」によって、最新の投稿や月別アーカイブに切り替えられます。
各関数のさらに細かい引数設定については、それぞれの「参考サイト」を参照してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2010年07月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記