| ブログトップ | JavaScript関連 |

Javascriptで表示・非表示の切り替え(style)

単純ですが、よく使用するプログラムなので。
要するに、javascriptによるstyleの切り替えです。

<script>
function show_block(){
   if(document.getElementById("hoge").style.display == ""){
      document.getElementById("hoge").style.display = "none";
   }else{
      document.getElementById("hoge").style.display = "";
   }
}
</script>

<p><a href="javascript:void(0)" onclick="show_block();">表示切替</a></p>
<div id="hoge" style="display:none;">こっち見んな!</div>

1.id="hoge"は、あらかじめdisplay:none;で、非表示にしておく。
2.show_block関数では、id="hoge"のdisplayが空(表示モード)ならばnone(非表示モード)に、noneならその逆という風にする。

サンプル [新しいウィンドウで開く]

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2010年07月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | JavaScript関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記