| ブログトップ | その他 |

Windows起動後、60秒後に自動的にIEを全画面表示モードで開く【バッチ】

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

需要あるの?と言われれば、まあ無いよね・・・というような記事ですが、必要になった案件があったので一応メモ。

テキストエディタを開き、下記を記述します。

ping 127.0.0.1 -n 60 > nul
cd c:\Program Files\Internet Explorer
iexplore.exe -k http://www.yahoo.co.jp

※1行目の60の値を変えることによってIEの起動時間を変えられます。
※127.0.0.1はlocalhostでも大丈夫です。

ie.batという名前で保存します。
スタートメニュー>スタートアップの中に、このie.batのショートカットを入れます。

これでWindowsを起動した際、60秒後にIEが全画面表示で開きYahooのページが表示されます(立ち上がり直後はいろいろと不安定なのでジャスト60秒後とは限りません)。

ここでは60秒後にIEという例をとりましたが、秒数は1行目で変更できますし、立ち上げたいアプリケーションも2,3行目の記述で変えられます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2012年07月13日 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記