| ブログトップ | API関連 | PHP関連 |

PHPで自分のつぶやきを取得する方法【API1.1】

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

やり方についてはほぼこちらのサイトを参考にしています。

PHP+OAuthでTwitter - SDN Project

  1. twitteroauthをダウンロードします。
  2. アプリ登録を行います。
    登録が完了するとアプリケーションの詳細画面になります。
    そこで「Consumer key」と「Consumer secret」が表示されますのでメモします。
  3. アプリケーション画面の下の方にある「Create my access token」ボタンをクリックします。
    処理後、ボタンの上の方に「Access token」と「Access token secret」が表示されますのでメモします。
  4. 下記のプログラムで自分のつぶやきを取得します。
<?php

//1.でダウンロードしたtwitteroauth.phpをinclude
require_once('./twitteroauth/twitteroauth.php');

//2.3.で取得した各キーを入力
$consumer_key = 'Consumer key';
$consumer_secret = 'Consumer secret';
$access_token = 'Access token';
$access_token_secret = 'Access token secret';

// OAuthオブジェクト生成
$to = new TwitterOAuth($consumer_key, $consumer_secret, $access_token, $access_token_secret);

// user_timelineの取得。TwitterからXML形式が返ってくる
$req = $to->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json","GET",array("q"=>"dari_zakki", "count"=>"10"));

// Twitterから返されたJSONをデコードする
$results = json_decode($req);


echo '<ul>';
foreach($results as $value){
	echo '<li>';
	echo '<img src="'.$value->user->profile_image_url.'" /><br />';
	echo $value->text.'<br />';
	echo $value->user->name.'<br />';
	echo date("Y-m-d H:i:s", strtotime($value->created_at));
	echo '</li>';
}
echo '</ul>';
?>

これで自分がつぶやいたタイムラインを取得できます。

前に比べるとめんどくさくなりましたね。

まあ前が緩すぎたって話ではあるんですが^^;

 

参考サイト

PHP+OAuthでTwitter - SDN Project

PHPで『Twitter API 1.1』を使って、つぶやきの検索結果を取得したときのメモ | ユメミチ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2013年06月20日 | コメント(0) | トラックバック(0) | API関連 | PHP関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記