| ブログトップ | CMS関連 | PHP関連 |

WordPressでTinyMCEの入力フィールドを作る場合

任意の場所に、Wordpressの内容入力フィールドと同じようにリッチテキストエディタ(TinyMCE)を設置する方法は、

wp_editor( "(内容)", '(ID)');

で、設置できます。

第3引数に細かい設定ができますが、(ID)をnameと同じにしていればこれだけでもOKです。

プラグインなしでカスタムフィールド作ってた際(functions.phpに直書き)どうやったらリッチテキストエディタになるのか、かなり苦戦したのでメモ。

参考サイト

wp_editor:WordPress私的マニュアル

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2014年11月12日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連 | PHP関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記