タグ:Instagram

APIを使って自分のInstagram投稿写真を取得する方法【Instagram Basic Display API】

2020/9/30

使えなくなってました・・・
再び仕様が変わった模様。
もーーーー!!!

(ここから本文)

ウィジェット的にInstagramのサムネイルが並んでいるサイト、よくありますよね。

ああいうのはInstagramがウィジェットを提供しているわけではなく、APIを使って自分のInstagramから写真データを取得し、整形して表示する必要があります。(Instagramも共有ウィジェットあるんですけどね。あんまり使い物にならないというか…)

その写真データ取得方法については、以前はInstagramAPIというAPIが使用できていたのですが、もう使用できなくなるということ。

というわけで、別の取得方法をここでは説明します。

使用するのは「Instagram Basic Display」というAPI。

・・・なんですが、これがとにかく面倒くさい。

面倒くさいけどこれでやるしかないので(正確には「Instagram Graph API」もあるけど、さらにめんどくさそう)、これを使って写真データを取得するまでの方法を説明します。

①まずFacebook for Developerへアクセスします。

https://developers.facebook.com/?locale=ja_JP

右上の「マイアプリ」を選択してください。
Facebookにログインしていない場合は、「ログイン」と表示されますので、ここでログインしてください。

②アプリリストが表示されます。

左上の「新しいアプリを追加」を選択してください。

③新しいアプリIDを作成が開きます。

「表示名」に、任意の名前をつけて、「アプリIDを作成してください」ボタンを押してください。
ここでは適当に「Get My SNS」としました。
ちなみに「Instagram」というワードはなぜか使えませんでした。

セキュリティチェックが挟まりますが、Google Recaptchaにチェックしてそのまま「送信」ボタンをしてください。

④製品を追加画面が開きます。

左上に「Instagram」が表示されていると思いますので、それを選択してください。

左メニューのプロダクトにInstagramが追加されます。
この中に「Basic Display」がありますが、ここを開いても、まだ「Instagramアプリを作成する前に、アプリの設定を更新してください。」と注意書きが表示されてしまいます。
この注意書きの中の「設定」リンクをクリックして、設定画面へ移動してください。

⑤設定>ベーシック画面が開きます。

まず下記3つを設定してください。

  • プライバシーポリシーのURL:あらかじめサイトで作成しておき、そのURLを入力してください。
  • 利用規約のURL:上記同様、あらかじめ作成しておき、そのURLを入力してください。
  • カテゴリ:どれかを選択してください(よくわからないの「ビジネス・ページ」としました)

同じ画面のまま、さらに下に行き「プラットフォームを追加」ボタンを押してください。

「プラットフォームを選択」が開きますので、ウェブサイトを選択してください。

「サイトURL」の入力フィールドが開きますので、ここに自分のサイトのURLを入力してください。
この入力ができたら、右下の「変更を保存」ボタンを押してください。

⑥左メニューのプロダクト>Instagram>Basic Displayを選択ください。

先ほどの注意書き(Instagramアプリを作成する前に、アプリの設定を更新してください。)が消えているかと思います。

一番下の「Create New App」ボタンを選択してください。

「Create a New Instagram App ID」が開くので、そのまま「アプリを作成」ボタンを押してください。

下図のような画面に切り替わります。

画面内にある下記3つを設定してください。

  • クライアントOAuthリダイレクトURL:サイトのURL
  • 承認を取り消す:サイトのURL
  • データの削除リクエスト:サイトのURL

設定が完了したら右下の「変更を保存」ボタンを押してください。

同画面のさらに下の方にある「Add or Remove Instagram Testers」ボタンを選択してください。

⑦役割画面が開きます。

一番下の「Instagramテスター」の「Instagramテスターを追加」ボタンを押してください。

「Instagramテスターを追加」ウィンドウが開きます。
自分のInstagram名で検索して選択し、右下の「送信」ボタンを押してください。

「Instagramテスター」も選択された状態となりました。
この段階ではまだ「承認待ち」です。

⑧次にInstagramを開きます。

Instagramにログインし、自分のInstagramホーム画面を開いてください。
画面右上にある「プロフィールを編集」を選択してください。

プロフィールが面が開きます。
左のメニューから「アプリとウェブサイト」を選択し、さらに「テスターへのご招待」を選択します。

先ほど、作ったアプリの招待(ここではGet My SNS)が表示されるかと思いますので「承認する」ボタンを押してください。

これでInstagram側での作業は終わりです。

Facebookに戻ります。

⑨Facebook for Developerに戻り、左メニューのプロダクト>Instagram>Basic Displayを選択ください。

下図のように変わっているかと思います。
「Generate Token」ボタンを押してください。

Instagramのウィンドウが開きます。
「(ユーザー名)としてログイン」ボタンを押してください。

下図のように切り替わります。
内容を確認して「承認」ボタンを押してください。

下図の「I Understand」にチェックを入れて、このトークンをコピーしておいてください。

コピーできたら右下の「Done」ボタンを押してください。

これでようやくInstagramの写真データを取得するためのトークンを取得できました。

長かった・・・

とはいえ、これですら、60日しか持たないらしいので、60日経ったらもう一度トークンを取得し直す必要があるんですけどね・・・

Instagram User Access Tokens

これの「Long-Lived Access Tokens」が今回取得したトークンです。

【記事内容修正 2020/07/02】

プログラム例

写真データを取得するプログラムはこのようになります。


$access_token = "(トークン)";
$url = "https://graph.instagram.com/me/media?fields=id,caption,permalink,media_url&access_token=".$access_token;
$curl = curl_init($url);
curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
$response = curl_exec($curl);
$photo_datas = curl_close($curl);

これで、写真のURL等がJSON形式で返ってきますので、$photo_datasの中身をjson_decodeして使用すればOKです。

こんな感じのデータが取得できます。

ただし、この写真データを取得する処理には割と時間がかかります。
そのため、キャッシュを保存しておき、それを読み込んで使用するのが良いです。

そして上記の通り、今回取得したトークンは60日しか使用できません。
しかし、このトークンを使うことによって、さらに延命したトークンを取得することが可能ですので、30日経過したら、トークンを取り直す仕組みも取り入れてみます。

プログラム例2

まず、今回取得したトークンを記述した「token.txt」というファイルを作成してください。

このトークンは、30日ごとに再取得して書き換えます。

なお、トークンの内容を直接ブラウザでアクセスできてはまずいので、「token」というフォルダに作り、その中にアクセス拒否を記述した「.htaccess」ファイルと共に入れておきます。
「.htaccess」ファイルの中身は下記のとおりです。

Order deny,allow
Deny from All

次に、「Facebook for Developer」に戻って、左メニュー>プロダクト>Instagramの「Basic Display」を選択し、「Instagram App Secret」の「表示」ボタンを押して、シークレットキーを取得・コピーしておいてください。

そして下記のようなプログラムを用意します。
ファイル名は「get_photo.php」としました。
2行目の(シークレットキー)に上図で取得したキーを入れてください。


<!--?php
$client_secret = "(シークレットキー)";    //シークレットキー

$token_refresh_time = 60*60*24*30;  //トークン再取得の間隔(30日)
$token_file_path = "./token/token.txt";

$photo_data_refresh_time = 60*60*24;  //写真データの再取得の間隔(1日)
$photo_data_file_path = "./instagram_api.json";

//保持しているトークンを取得する
$fl = fopen($token_file_path, "r");
$access_token = fgets($fl);
fclose($fl);

//$token_refresh_timeの期間が過ぎたらトークンを再取得する
$refresh = 0;
if(!file_exists($token_file_path)){
    $refresh = 1;
}else{
    $filemtime = filemtime($token_file_path);
    if((time()-$token_refresh_time) --> $filemtime){
$refresh = 1;
}
}
if($refresh == 1){
$url = 'https://graph.instagram.com/access_token?grant_type=ig_exchange_token&amp;client_secret='.$client_secret.'&amp;access_token='.$access_token;
$curl = curl_init($url);
curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
$response = curl_exec($curl);
curl_close($curl);

$decode = json_decode($response, true);
$access_token = $decode["access_token"];

$fl = fopen($token_file_path, "w");
fwrite($fl, $access_token);
fclose($fl);
}

//$photo_data_refresh_timeの期間が過ぎたら写真データを再取得する
$refresh = 0;
if(!file_exists($photo_data_file_path)){
$refresh = 1;
}else{
$filemtime = filemtime($photo_data_file_path);
if((time()-$photo_data_refresh_time) &gt; $filemtime){
$refresh = 1;
}
}
if($refresh == 1){
$url = "https://graph.instagram.com/me/media?fields=id,caption,permalink,media_url&amp;access_token=".$access_token;
$curl = curl_init($url);
curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
$response = curl_exec($curl);
curl_close($curl);

if(!empty($response)){
$fl = fopen($photo_data_file_path, "w");
fwrite($fl, $response);
fclose($fl);
}
}
?&gt;

以上のプログラムファイルの配置はこうなります。

  • get_photo.php
  • instagram_api.json(自動生成)
  • token/token.txt
  • token/.htaccess

「get_photo.php」を定期的にcronでキックするなり、サイトにアクセスがあるたびにAjax Requestでキックするなりすれば、プログラムが実行されて、ひと月ごとにアクセストークンを再取得しつつ、1日おきにキャッシュファイルである「instagram_api.json」を生成してくれます。

あとは、写真データを表示するプログラムで「instagram_api.json」を読み込んで使用すればOK。

終わり!

参考サイト

総合管理者 | 2020年06月19日 | コメント(0) | トラックバック(0) | API関連

Copyright(c) 2010 - 2020 ダリの雑記