CMS関連

wordpressでよく使用するウィジェットを関数で代用する方法

wordpressのウィジェットは簡単に要素を追加・削除できるので便利なんですが、スタイルシートによってはウィジェットでは対応できない場合があります(要素間にタグを入れたいなど)
そこでよく使用するウィジェットをwordpressのテンプレートタグで代用して使用する方法を記述します。

1.最近の投稿

例1)wp_get_archives関数による方法。
wp_get_archives('type=postbypost&limit=10&format=html'); 参考サイト

typeは「最近の投稿」の場合は、「postbypost」にしてください。
limitの数字で件数を指定できます。
formatの設定によってリスト表示やプルダウン表示になります。

例2)get_posts関数にてデータベースから引っ張ってくる方法。
少し長くなりますが、細かくHTMLタグを設定できます。

<?php $myposts = get_posts('numberposts=10&orderby=post_date');
foreach($myposts as $post) : ?>

<p><?php echo date("Y年m月d日", strtotime($post->post_date)); ?> : 
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></p>

<?php endforeach; ?>

・get_posts():データベースからデータを取得する関数。
 numberpostsで件数を取得、orderbyで並び順を指定できます。
・$post->post_date:投稿日時を取得
・the_permalink():記事へのリンクを取得
・the_title():記事タイトルを取得

get_postsに関数する参考サイト

 

2.カレンダー

get_calendar(); 参考サイト

 

3.カテゴリー

wp_list_categories(); 参考サイト

※デフォルトでは、「カテゴリー」という余計なタイトルが表示されるので注意しましょう。解決方法

こういう方法もあります→wordpressでカテゴリー一覧を表示する方法2

 

4.月別アーカイブ

limitで表示件数を指定できます。
wp_get_archives('type=monthly&limit=12&format=html'); 参考サイト

typeは「月別アーカイブ」の場合は、「monthly」にしてください。
limitの数字で件数を指定できます。
formatの設定によってリスト表示やプルダウン表示になります。

※wp_get_archivesは「type」によって、最新の投稿や月別アーカイブに切り替えられます。
各関数のさらに細かい引数設定については、それぞれの「参考サイト」を参照してください。

nandani | 2010年07月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

wordpressでカテゴリー一覧を表示する方法

ウィジェットを使用せずに、カテゴリ一覧を表示させたい場合は

wp_list_categories()

を使用します。

例)

<ul>
      <?php wp_list_categories(); ?>
</ul>

しかしデフォルトで使用すると、

・カテゴリー
  ・アニメ
  ・プログラム
  ・HTML

という風に、なぜか「カテゴリー」という文字が先頭に来てしまいます。
(「アニメ」「プログラム」「HTML」はそれぞれトップレベルカテゴリです。)
この「カテゴリー」という文字、非常に邪魔!

これを消すには、引数に「title_li=」を渡します。

例)

<ul>
      <?php wp_list_categories('title_li='); ?>
</ul>

これで
・アニメ
・プログラム
・HTML

という風に表示されます。
要はカテゴリのタイトルを「何も設定しない」ようにするわけですね。

wordpressでカテゴリー一覧を表示する方法2へ

nandani | 2010年07月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連

WordPressで日付を表示する際の注意事項

WordPressで日付を表示する際、よく「the_date()」を使用しますが、この関数には問題点があります。

それはアーカイブなどで記事を表示する際、同じ日の投稿が複数あると1つめの記事だけその日付を表示して以後は表示されなくなるということです。

そういう時は、the_date()ではなく、get_the_date()を使用しましょう。

echo get_the_time('Y')."年".get_the_time('m')."月".get_the_time('d')."日";

get_the_timeを使用する場合は、echoやprintをつけるのを忘れずに。

nandani | 2010年07月18日 | コメント(0) | トラックバック(0) | CMS関連 | PHP関連

Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記