| ブログトップ | OS関連 |

hal.dll.の破損?【WindowsXPが立ち上がらない】

会社のWindowsXPマシンを立ち上げようとしたところ、次のようなエラーメッセージが出て、起動しなくなりました。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているためwindowsを起動できませんでした。
<windows root>\system32\hal.dll.
上記のファイルをインストールし直してください。

hal.dllとやらが壊れてるみたいなメッセージなので、こちらのサイト

Windowsパソコン起動時にsystem32\hal.dllのエラーが出た場合の修復方法 - MiuxMiu

を参考にしつつ、WindowsXPのインストールCDからhal.dllをコピーするも、全然立ち上がらず、またも上記のメッセージが出てしまいました。

仕方ないので他の方法を探していると、こちらのサイトを発見。

hal.dllが読めない為起動しません。: 金沢市の「パソコンの修理屋さん」

どうやら実際に壊れているのはhal.dllではなくboot.iniの方らしい。

こちらのサイトに書かれている通り、boot.iniを作成し、USBメモリにファイル入れ、XPマシンにUSBをぶっ刺し、再起動、回復コンソールにてCドライブ直下にboot.iniをコピーしたところ、正常にWindows起動画面が表示されるようになりました。

ただまあうちの場合、そもそも壊れかけだったらしく、その後ブルースクリーンになりお陀仏となりました(* ̄ノ ̄)/Ωチーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

nandani | 2011年11月09日 | コメント(0) | トラックバック(0) | OS関連

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記