| ブログトップ | Perl関連 | サーバー関連 |

【まとめ】cgiを動作させる時「Internal Server Error」にならないために

  1. cgiファイルのパーミッションは755にする(サーバによるが)。
  2. cgiのパスを正確に記述する。(/usr/local/bin/perl、/usr/bin/perl など)
  3. httpd.confファイルにて、「SuexecUserGroup」を設定している場合は、プログラムファイルの「所有者」と「グループ」がその設定どおりになっているか。
  4. homeフォルダにウェブサイトを設置している場合は、suexecのdocroot(AP_DOC_ROOT)が「/home」になっているか。
    変更方法:バーチャルホストでCGIを使う | Vagon
  5. cgi-binフォルダにプログラムファイルを入れている場合は「cgi-bin」フォルダのパーミッションを「755」にする。

専用サーバでウェブサイトを構築してつまった個所はこんなところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記