| ブログトップ | API関連 | JavaScript関連 |

GoogleマップAPI v3で地図とマーカー・バルーンを表示(個別版) version1.3

今回のバージョンでは住所から座標を取得できるようにしました。(まずはサンプル

 

手順

1.bodyタグに、バルーン用情報と地図出力用のタグを記述します。(以下例)

<div id="gmap_data">
    <div class='gmap_title'><a name="gmap_title">井出商店</a></div>
    <div class='gmap_photo'><img src="img/ide.jpg" width="120" alt="井出商店" /></div>
    <div class='gmap_info'>
        住所:<span class='gmap_address'>和歌山県和歌山市田中町4-84</span><br />
        TEL:073-424-1689<br />
        営業時間:11:30~23:30<br />
        定休日:木曜(年始休)
    </div>
    <div class='clear'></div>
    <div class='gmap_description'>
        和歌山ラーメンの名を全国に知らしめたのがこちらの店。
    </div>
</div>
<div id="map" style="width:500px;height:500px;"></div>
<div class='clear'></div>

ここで必要なものは

  • id="gmap_data":このIDを元にバルーンとマーカー用データを取得します。
  • class="gmap_title"+aタグ:タイトルをクリックしたときに吹き出しを表示します。
    【追記】
  • class="gmap_address":住所。この住所を元に座標へ変換します。
  • id="map":ここにマップが表示されます。必ずwidthとheightを指定してください。

となっています。住所から座標を取得する場合は、マーカー座標=中心座標となり、ズーム値はデフォルトで設定している値(15)となります。

もちろんこれまでのバージョン同様、座標データからマーカーを表示することもできます。その場合は前バージョンと同じく「class="gmap_coord"」を含んだタグを追記してください。

<div id='gmap_data'>
    <div class='gmap_title'><a name='gmap_title'>井出商店</a></div>
    <div class='gmap_photo'><img src='img/ide.jpg' width='120' alt='井出商店' /></div>
    <div class='gmap_info'>
        住所:和歌山県和歌山市田中町4-84<br />
        TEL:073-424-1689<br />
        営業時間:11:30~23:30<br />
        定休日:木曜(年始休)
    </div>
    <div class='clear'></div>
    <div class='gmap_description'>
        和歌山ラーメンの名を全国に知らしめたのがこちらの店。
    </div>
    <div class='gmap_coord'>
       34.2284871,135.1894984,34.23075140779955,135.19043684005737,16
    </div>
</div>

<div id='map' style="width:500px;height:500px;"></div>

<div class='clear'></div>

class="gmap_coord"の中の座標は

マーカー緯度,マーカー経度,中心座標緯度,中心座標経度,ズームレベル

または

マーカー緯度,マーカー経度,ズームレベル

または

マーカー緯度,マーカー経度

となっています。(座標についてはこちらから手動で取得できます)

中心座標を設定しない場合は、マーカーの座標が中心点となります。
ズーム値を設定しない場合は、デフォルトのズーム値(15)が使用されます。

 

2.以下のスクリプトをダウンロードしてください。

自作のマップ表示用スクリプトv3版

 

3.htmlファイルのheadタグに上記のファイルとGoogleMapAPIを読み込んでください。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<script type="text/javascript" src="js/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
<script type="text/javascript" src="js/map.js"></script>

※metaタグで文字コードをutf-8にするのを忘れずに。これがないと正常に動作しない場合があります。
※スクリプトファイルはダウンロード後、「js」フォルダに入れていると仮定して記述しています。
※ダウンロードした「map.js」は、「map_v1.3.js」のようにバージョンナンバーが付いているので、ファイル名を変更するか、上記の読み込み部分の記述を変更してください。

 

4.bodyタグのonloadにて、マップ表示用関数を呼び出します。

<body onload="map_single('map','gmap_data')">

map_singleの引数について

  • 第一引数:マップを表示するタグのID(今回はmap)
  • 第二引数:バルーン情報が入っているタグのID(今回はgmap_data)

これで、マーカー・バルーン付きマップが表示できます。(マーカーをクリックするとバルーンが表示されます)

5.スタイルを整えます。以下をheadタグに記述するか、別ファイルに保存してheadタグで埋め込んでください。(スタイルシートのダウンロードはこちら

#map{
 float:left;
}

.clear{
 clear:both;
}

/*吹き出しのスタイル*/
.gmap_block{
 width:320px;
}
.gmap_block .gmap_title{
 font-size:100%;
 font-weight:bold;
 margin-bottom:10px;
}

.gmap_block .gmap_photo{
 float:right;
 margin-left:10px;
 overflow:hidden;
}

.gmap_block .gmap_info{
 font-size:75%;
}

.gmap_block .gmap_description{
 font-size:75%;
 margin-top:10px;
}
/*お店の情報(個別用)*/
#gmap_data{
 float:left;
 margin-right:10px;
 width:320px;
}

#gmap_data .gmap_photo{
 float:left;
 width:130px;
}

#gmap_data .gmap_title{
 font-size:100%;
 font-weight:bold;
 line-height:1.5em;
}

#gmap_data .gmap_info,
#gmap_data .gmap_description{
 font-size:75%;
 line-height:1.5em;
}

#gmap_data .gmap_description{
 padding-top:5px;
}

.gmap_coord{
 display:none;
}

サンプル [新しいウィンドウで開く]

以上です。

バグなどありましたらご連絡いただけるとありがたいです。

■追記

class="gmap_title"を忘れると、エラー警告が出ることに気付いたので、付け加えました。

 

今回参考にさせていただいたサイト

Google Maps API Version3 日本語ドキュメント(非公式):該当記事「ジオコーディング

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

トラックバック

トラックバックURL

トラックバック一覧

[...] < GoogleマップAPI v3で地図とマーカー・バルーンを表示(個別版) version1.3 | ブログトップ | JavaScript関連 | [...]

[...] 個別版の記事 [...]

[...] 個別版の記事 [...]

[...] 個別版の記事 [...]

5. sakagamiメモ | 2010年10月31日 1:24 PM

[メモ]地名からその場所の地図画像を手軽に表示する方法...

Google Static Map を使って地名からその場所の地図の画像を表示する方法。 画像なので携帯端末でも表示可能です。 Maps API キーの必要がないので、手軽に地図画像を表示したいときに。 ソースコード <?php $address = "東京駅"; $address2 = urlencode($addre...

[...] ※個別版の記事はありませんが、もちろん個別版でもご利用いただけます。「スクリプトの設定」と「map.js」へのパスが変わる(google_map_apiフォルダの中に入るため)部分以外は、前バージョンと同じです。 [...]

[...] 「スクリプトの設定」と「map.js」へのパスが変わる(google_map_api_jsフォルダの中に入るため)部分以外は、前バージョンと同じです。 [...]

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記