| ブログトップ | アクアリウム |

侘び草水槽:20日目

カラシン水槽を侘び草水槽に変えて、20日が経過しました。

立ち上げ時はこんな感じでしたが、

IMG_0397

20日も過ぎると、こんな感じになりました。

IMG_0450

後景草の勢いはすさまじいですね。

手前のほうにまでこんな感じで侵食してきました。

IMG_0440

さすがに前景草のど真ん中にまで侵食してくるのもどうかと思ったので、手前のほうだけちょっとトリミングすることにしました。

IMG_0459

ちょっとすっきり。

前景草用のグロッソスティグマがなかなかいい感じで範囲を広げています。

IMG_0454 IMG_0463

 

オーストラリア・ドワーフヒドロコティレは入れて5日ほどでほぼ溶けてしまいました。

IMG_0445

微妙に生き残りが頑張っているのと、水面に浮いてきた後景草の切れ端を付け加えました。

比較的育てやすい水草のはずなのですが、恐ろしい勢いで溶けてしまいましたね。

ペットショップの店員さん曰く、急激な水温の変化に耐えきれなかったのかも、とのこと。

確かに購入日は寒い日で、いきなり水槽に放り込んだからなぁ。

水草も温度合わせが必要なのか。

 

キューバパールグラスはすぐに溶けてしまうということはないですが、若干枯れかけてきています。

IMG_0456

Co2が足りないのかなぁ。

それとも栄養不足か。

一応、液肥としてはAqua-Xの水草用を使ってし、ソイルは敷きたてなのでそんなに栄養が足りないってことはないと思うんだけど。

Co2は発酵式だから、たしかに弱いといえば弱いのだけど。(一応ヒーターをつかって発酵しているペットボトルの水温は上げて、発酵が活発になるようにはしている。)

全部グロッソスティグマのほうがよかったかもな~

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

トラックバック

トラックバックURL

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。

名前 *
メール*
URL
Copyright(c) 2010 - 2020 ダリの雑記