ここのサイトすごい

土台とかその他もろもろの勉強になる

京都精華大学水槽学部の水草ブログ

nandani | 2017年01月23日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

海水水槽約1年目

海水水槽も、60cmに引っ越してから約1年が経過しました。

最後にブログを更新した「海水魚を投入」から約5か月。

その間レイアウトの変更や新たなサンゴ投入などいろいろやった結果がこちら

IMG_0579

左側は大幅にレイアウト変更しました。

元はこれ↓

IMG_0407

ナガレハナサンゴは右上に、ウミキノコは真ん中に、ウィスカーズコーラルは石に活着させて左側に移動させました。

そして新たにマメスナギンチャクを購入し、水流の当たる右下に配置しました。

IMG_0575

正直全体的な開きはイマイチです。

すぐコケだらけになるし。

で、昔は左下で元気に咲き誇っていたバブルコーラルですが、数か月前から調子を崩し始めたため、隔離しました。

IMG_0580 IMG_0581

正直もうダメな感じです。

前々から言われていた通り、硝酸塩が少なすぎたのか、気温が高くなってきたからなのか、ヤドカリについばまれてしまったのか。

↓こんなに元気だったのに寂しい限りです。

IMG_0420

しかし、昨日太陽光にたまたま当てていたら、結構元気に膨らんでいました。(↑ほどではないですが)

何とか復活してくれるとよいのですが。

 

ところで最近はカクレクマノミがトランペットコーラルの中に入るようになりました。

イソギンチャクっぽいからなのか、2匹とも仲良く(たまに大きいほうに追い掛け回されながら)入っています。

nandani | 2016年04月30日 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コリドラス水槽のお引越し

GWですね!

GWといえばコリドラス水槽のお引越しです。

1年区切りでリセットしているというわけではないのですが、いい加減2つに分離していたコリドラス水槽を1つにまとめたくて、せっかくの機会なので引っ越しすることにしました。

ちなみに何で2つに分けていたかというと、最初メインとなるコリドラス水槽があり、そこにコリドラスパンダの幼魚を数匹入れていたのですが、水が合わなかったのか、はたまた小さすぎて他の大人コリドラスアタックにやられてしまったのか、3匹ほど★にしてしまいました。

ということで、コリドラスパンダの生き残り1匹+新たに購入したステルバイ(3匹うち1匹はアルビノ)をひとまず成長するまで、30㎝水槽に分けて入れておいたのが約1年前。

ステルバイはめちゃめちゃでかくなり、そしてパンダもある程度は大きくなったため、メイン水槽に合流させることにしました。

ついでにメイン水槽もリセットです。

メイン水槽の最終形態はこちら

IMG_0250

はじめ数本だったバリスネリアは水槽を覆いつくさんとばかりに育ちまくってくれました。

バリスネリアおそるべし・・・

ついでにスネールもついてきてくれてえらい目にあったのですが。

 

さて、今回はできるだけシンプルにして基本水草は植えずに、流木と石のみでレイアウトすることにしました。

何なら全取っ払いの田砂オンリーでもよかったのですが、エビなどの住まいも確保してあげる必要もあるだろうということで、気持ち程度の流木を配置しました。

というわけでこれが新たなコリドラス水槽です。

IMG_0564

ザ・シンプル!

これまでのレイアウトを見ていると寂しい気すらしてきますが、コリドラスのスペースを考えるとこれくらいがちょうどいいかもしれません。

ちなみに、この水槽のコリドラス+その他の種類・数は以下の通りです。

  • 赤コリ(コリドラス・アエネウス):2匹
  • 白コリ(コリドラス・アエネウス・アルビノ):2匹
  • 青コリ(コリドラス・パレアタス):2匹
  • コリドラス・ジュリー:3匹
  • コリドラス・ステルバイ:2匹
  • コリドラス・ステルバイ・アルビノ:1匹
  • コリドラス・パンダ:1匹
  • オトシンクルス:3匹
  • トランスルーセント・グラスキャット:3匹

合計:19匹

60㎝水槽にしては、多いくらいなので2215フィルターに加えて、45cm水槽用外掛けフィルターも追加しています。

新たな水槽にまだ慣れていないのか、気に入ったのか、コリドラスたちはめちゃめちゃ元気に泳ぎまくっています。

nandani | 2016年04月30日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

パソコンが無線を傍受?

珍しく水槽以外のお話し。

カクレクマノミにえさをやっていると、隣にあったスリープ状態になっているはずのPCからなにやら音が。

正確には人がしゃべっているような音が発せられている。

なにこれ怖い!!

男の声で何をしゃべっているのかまでは聞き取れなかったけど、数秒しゃべるとぶつっと切れてしまいました。

何となくだけど、タクシーなどでよく聞く無線っぽかったような。

しかし自分のPCには、当然受信できるような機器は取り付けていません。

なのにこんなこと起こり得るのだろうか・・・

そういえば10年近く前にもこんなことあったんだよなぁ。

それも割と頻繁に。

そのとき住んでいたアパートの隣が工事現場の事務所のようなところだったので、そこから発せられる無線を傍受してしまっていたみたい。

で、実際にこんなことが起こるのか調べてみたのだけれど、特にパソコンで無線を傍受したというような記事は見つかりませんでした。

しかし、原理的にはあり得る話です。

パソコン内の金属(特にスピーカー関連)が何かの電波に反応し、そのまま音を流してしまった。簡単に言うとこんな感じですかね。

相棒で「超能力少年」というお話がありましたが、あれも原理的には可能らしいですね。

状況と金属さえかみ合えば、無線を受信できるというわけです。

ともあれ、久々に起こった怪現象にびっくりしてしまいました。

nandani | 2016年04月30日 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

侘び草水槽約3か月

侘び草水槽を立ち上げて、約3か月経過しました。

現在はこんな感じ。

IMG_0543[1]

後景草用の侘び草は、1か月後くらいからすでに水面に到達するくらいになりました。

IMG_0549[1]

週1くらいでトリミングしないと水面付近がえらいことになるくらい育ちまくってます。

前景草は、こんな感じでまだ隙間が多め。

IMG_0547[2] IMG_0548[1]

最初はグロッソスティグマ・キューバパールグラス・オーストラリアンヒドラティコレを入れていましたが、オーストラリアンヒドラティコレは入れて早々に溶け、キューバパールグラスも育つことなく徐々に小さくなってしまいました。

グロッソスティグマも入れたとき少し土に埋めたほうが良いのですが、そのまま置いただけになってしまったのが原因か、広がりはいまいち。

本来なら、もう前景部分は埋まっててもおかしくないんだけどなぁ。

 

それより現状の問題は、

プラナリア

です。

前の水槽の時にいたスネールはほぼいなくなりましたが、最近プラナリアが繁殖し始めてきてしまいました。

小さくてうねうねナメクジみたいに移動しているのがプラナリアです。

IMG_0551[1]

動画でも撮影してみました。

水質が良い時に発生するとのことで、それ自体は喜ばしいことなのですが、大量発生すると景観が崩れるとのことで、スネール同様、アクアリウムでは害虫扱いらしいです。

肉食で、稚エビなどを食べるとのこと。

魚に挙げるえさ自体は、1日1回で少な目にあげているので、そっちは問題ないのですが、ミナミヌマエビも増えてきて稚エビも多いのでえさには困らないのでしょう。

ピンセットで駆除しようにも下手に傷つけると、分裂してしまうみたいだしどうしたものか・・・

 

ちなみにプラナリアはチャームで購入可能みたいです。

何で買うんですかね・・・

 

参考サイト

水槽内害虫対策、貝対策 | 熱帯魚の森

nandani | 2016年03月20日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

侘び草水槽:20日目

カラシン水槽を侘び草水槽に変えて、20日が経過しました。

立ち上げ時はこんな感じでしたが、

IMG_0397

20日も過ぎると、こんな感じになりました。

IMG_0450

後景草の勢いはすさまじいですね。

手前のほうにまでこんな感じで侵食してきました。

IMG_0440

さすがに前景草のど真ん中にまで侵食してくるのもどうかと思ったので、手前のほうだけちょっとトリミングすることにしました。

IMG_0459

ちょっとすっきり。

前景草用のグロッソスティグマがなかなかいい感じで範囲を広げています。

IMG_0454 IMG_0463

 

オーストラリア・ドワーフヒドロコティレは入れて5日ほどでほぼ溶けてしまいました。

IMG_0445

微妙に生き残りが頑張っているのと、水面に浮いてきた後景草の切れ端を付け加えました。

比較的育てやすい水草のはずなのですが、恐ろしい勢いで溶けてしまいましたね。

ペットショップの店員さん曰く、急激な水温の変化に耐えきれなかったのかも、とのこと。

確かに購入日は寒い日で、いきなり水槽に放り込んだからなぁ。

水草も温度合わせが必要なのか。

 

キューバパールグラスはすぐに溶けてしまうということはないですが、若干枯れかけてきています。

IMG_0456

Co2が足りないのかなぁ。

それとも栄養不足か。

一応、液肥としてはAqua-Xの水草用を使ってし、ソイルは敷きたてなのでそんなに栄養が足りないってことはないと思うんだけど。

Co2は発酵式だから、たしかに弱いといえば弱いのだけど。(一応ヒーターをつかって発酵しているペットボトルの水温は上げて、発酵が活発になるようにはしている。)

全部グロッソスティグマのほうがよかったかもな~

nandani | 2016年01月17日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

海水魚を投入

海水水槽26週間経過でどの海水魚を入れようか迷っていましたが、最終的にこの魚をいれることにしました。

結局カクレクマノミです。

テンジクダイと迷ったんですが、やっぱり失敗したまま終わるわけにはいかないなと思い(これまで5匹いれてすべて数か月で死んでしまっている)、再度カクレクマノミを入れることにしました。

これまでの主な死因は、相性が悪く、けんかやえさの取り合いに負けて一方が死んでしまうという問題だったため、最初からペアのカクレクマノミを投入すれば大丈夫だろうということで、2匹購入。

でもよく考えたら、一番最初のもペアで買って失敗してるんだよね・・・

今のところ、ちょっとした突っつきあいはしてるけど、そこまで激しいケンカにはなっていないみたい。

えさも平等に渡っているようだし。

このまま仲良くしてくれるとよいのだけれど。

あとサンゴの中に入ってくれないかなぁ。

ちなみにサンゴの様子は、絶好調!

オオバナサンゴはだいぶ前に白化して死んでしまったけど、それ以外は元気です。

IMG_0407

 

トランペットコーラル

IMG_0422

トランペットコーラルはでかくなりすぎです。

チャームの商品カットやよく見る写真などでは、こんなもん↓ですが、実際はこんな感じ↑ですからね。

 

本当ならもう少し他のサンゴも入れたかったのですが、ここまででかくなると、それも難しいです。

今現在でも、周りのサンゴの配置には気を使います(トランペットコーラルは毒性が最強レベル)

まあ、でも見ごたえがあっていいんですけどね。

この海水水槽の主役ですし、元気なことはよいことです。

しかしこれ以上大きくなるのは勘弁・・・

ちなみにしぼんでいるときはこんな感じ。

IMG_0428

 

タコアシサンゴ(コエダナガレハナサンゴ)

IMG_0414

こいつもでかい。

というか、もともと骨格からしてでかいから、当たり前ではあるんですが。

この水槽の第2の主役です。

 

ナガレハナサンゴ

IMG_0419

なかなかいい感じの大きさに膨らんでくれます。

 

ウィスカーズコーラル

IMG_0415

補助光のおかげで、こいつも元気です。

花の下のほうからは、新しい芽も出てきています。

IMG_0418

 

ミズタマサンゴ(バブルコーラル)

IMG_0420

これも、思てたんと違う!ってやつですね。

触手?部分は玉っぽいのばっかりかと思ってたんですが、そこから長い触手が常に出してきます。

しかも、隣のナガレハナサンゴを攻撃しちゃったりするから、こいつもまた配置に苦労しました。

 

ウミキノコ

IMG_0427

周りが毒性の強いサンゴばかりだから、こいつの配置にも苦労しました。

下のほうの色がなんかやばい感じなのですが、元気だし、とりあえずは様子見です。

 

スターポリプ

IMG_0367

一時期は共肉がはがれまくってダメかと思いましたが、下から新しく共肉が成長してきて、すっかり元通りになりました。

定期的にポリプの出が悪くなるので、1か月に1回くらいオキシドール欲(1L・10mlの濃度で10分)をしています。

 

魚を入れたことによる水質悪化に注意しながら、今年も1年頑張って維持していきたいと思います。

nandani | 2016年01月03日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

カラシン水槽:1年以上経過 リセット

カラシン水槽を2014年の11月に立てて1年と1か月程度が経過しました。

最終的にどうなったかというとこんな感じ。

IMG_0375

・・・まあ失敗です。

ウィローモスが活着せずに成長し、一見わさわさしてますが、根本あたりは枯れてしまっています。

IMG_1126

メインであったはずのピンナティフィダも、ちょっとを残してほぼ全滅。

IMG_1127

ヘアーグラス・ショートも結局全面には広がらず、隙間だらけ。

IMG_1128

そんな中、ストロギネ・レペンスだけは、ましに育ってくれました。

IMG_1129

しかしスネール大量発生でいかんともしがたい水槽に・・・

ということで、リセットすることにしました。

1年経過したことだし、ソイルの効果もほぼなくなっているでしょうしね。

 

今回チャレンジするのは、侘び草水槽です。

ADAの侘び草の小冊子(「侘び草&BIOみずくさの森」)に書かれていた、「侘び草なら、水槽レイアウトもカンタンに楽しめます。」の文言にひかれ、これにすることにしました。

なんといっても、こんな感じで置くだけってのが良いですね!

IMG_0404

ということで、リセット後の水槽がこちら。

IMG_0397

後景草用に有茎草MIXを3つ、前景草用にグロッソスティグマを4つ、キューバパールグラスを1つ、オーストラリア・ドワーフヒドロコティレを1つ配置しました。

IMG_0399 IMG_0400

IMG_0402 IMG_0401

まだ置きたてなのでスカスカですが、これが成長して見ごたえのあるレイアウトになることを信じたい!

 

 

nandani | 2015年12月31日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

シッタカ貝が外にいる!?

今日家に帰って来て海水水槽を見てみたところ、なんか様子が変なような・・・

あれ?

この外のガラス面にいるのシッタカ貝じゃね!?

IMG_0333 IMG_0334

うおっ!何してんだコイツ!

つか、生きてるのか?

と触ってみたら、しっかりガラス面にくっついてました。

貝殻は乾いているのに、案外大丈夫なものなんですね~

元に戻そうにもぴったりとくっついてるし、間に固めの紙を割り込ませてようやくはがしました。

IMG_0337

水槽内にリリース。

たまに水面上に出てることはあるけど、まさか外の、しかもかなり下のほうまで来ているとは。

気をつけて欲しいものです^^;

nandani | 2015年11月02日 | コメント(0) | トラックバック(0) | アクアリウム

海水水槽26週間経過

海水水槽を60cmに変更してから、26週間経過。

特に変化はなし。

相変わらずオオバナサンゴをのぞくサンゴたちは元気いっぱいです。

IMG_0328

オオバナサンゴはもうダメかもしれませんね・・・

IMG_0330

さて、サンゴ以外はヤドカリや貝やエビなど、ほぼクリーニング用に入れていた生体しかいませんでしたが、そろそろ魚も入れてみようかと思っています。

基本的にはサンゴメインの水槽なので、入れる魚は1種類のみの予定。

何を入れようかいろいろと迷っているのですが、とりあえす今のところの有力候補はこの3つです。

 

候補その1

デバスズメダイです。

気性の荒いスズメダイの中では温和で複数飼いしやすいのだとか。

ルリスズメダイのようなあざやかな青ではないですが、水色のきれいな魚です。

3匹くらい泳がせて見たいな~。

 

候補その2

テンジクダイです。

特にネオンテンジクダイは、ネオンテトラのように光の反射できれいに光っている感じが良いですね。

小さい魚っぽいので(最大4cm程度)、10匹位で泳がせて見たいです。

 

候補その3

カクレクマノミです。

以前も書きましたが、元々この海水水槽にはいたんですが、どうにもうまく飼育できず結果的に5匹死んでしまいました・・・

今度こそという気持ちをこめて、もう1度飼って見たいです。

 

 

今のところ、最有力はテンジクダイですかね~。

小さいしサンゴメインでもうまく調和が取れそう。

でもトランペットコーラルで戯れるカクレクマノミも捨てがたい。

あ~、どうしようかな~。

 

nandani | 2015年11月01日 | コメント(0) | トラックバック(1) | アクアリウム

Copyright(c) 2010 - 2017 ダリの雑記